01 月<< 2011年02 月  12345678910111213141516171819202122232425262728  >>03 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感激。

忘れたくないので、覚え書き。


最近の毎朝のバトル。

おむつ替え。

私は、あの手この手を使って、いかに漏れる前にスムーズにおむつを替えるか、という課題に向かって、

おーらさんは、あの手この手を使って、いかにおむつ替えから逃れるか、という、

もはや2歳児の使命?本能?宿命?に従い繰り広げられる、母子の壮絶な戦い。

それは、時に静かに、時に激しく行われる。


そう、今朝は最初は静かで穏やかなバトルだったのだ。

「おむつ替えようか~」

「イヤ」

はいはい。そうですよね。まーこれはお決まり文句。

さあ、次の一手はどうしようか。

「そろそろお買い物だから、かえようか。」

「イヤ」

あ~そう。まーこのあたりも2歳児の母ともなれば慣れっこざんす。

さー次の一手に行く前に、休息。

忘れた頃に仕掛ける作戦にでた私。

1時間程遊び、そろそろおむつの許容範囲も限界に。

「さ、さ、さ、おーらさん、イチゴでも買いに行きましょうか。

ではでは、おむつを替えましょう!」

「いや」

ぬぬぬ、いちごでもいやですか?!

おむつの許容範囲とママの精神的許容範囲は見事に比例するのである!

ここから、ワタクシの理詰めが始まってしまった。

「もーーー漏れちゃうからね、替えようね。」

「漏れたら、お洋服も着替えなきゃ行けないんだよ~」

「どうして毎日のことなのにそんなにいやがっちゃうの?」

・・・。

母の都合を一気にまくしたてること数分の壮絶なバトルというより、私の一人芝居。

あまーいイチゴなんてどこへやら。

おーらさんは、もちろん!聞いていない。

そして、最後もお決まり文句。

「いいかげんにしなさーーーい!!!!」

と、言ったものの、おーらさんにその気は全く見受けられない。

わたくしは潔くあきらめた、と見せかけて、

さささっと無言で近づき、さささ、っとおむつ替えのミッションを成功させたのであーる。


ふう。さささ私は次のお仕事にとりかかりましょ。

と、洗濯やらなんやらを済ませていると、

お絵描きをしているおーらさんが

「ママ。ごめんなさい。」

「ん?」

まったく、ピンとこないわたし。

「どーしたの?何を謝ってくれているの?」と聞くと、

「おむつ嫌って言って、ごめんなさい。」

だって!!!!!

感激。感涙。

忘れた頃に、ふと言われたひとこと。

なんだかとーーーっても感激。

自分からそんなふうに思って「ごめんなさい」って言えるなんて。

そんなふうに心が育ってくれていること。

言葉と心が繋がっていること。

とにかく、おーらさんの成長を感じて、涙!

ぎゅぎゅぎゅーーーーーーってしてしまいました。

そして、ママもひとこと。

「ママもごめんね。」

すると、おーらさんが、

「おーら、ごめんって言ったねえ~~~」

だって☆


明日からのおむつ替えバトルもちょっと違って感じられるかな~☆と思う今日でした。


それにしても、すごいなあ。

こころってどうやって育っていくのかな~。



















スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 育児
最近のおーらさんの、朝いちばん。

窓際に立ち、太陽に向かって

おおきく手を広げ、

ひとこと。

「たいよう、抱っこしてぇーーー☆」

かわいすぎる!!!!

ステキすぎる!!!!

たまりません!!!!




  • このエントリーのカテゴリ : 育児
この子を授かったと知ったときに、夢見たのは自宅出産だった。

一番落ち着く大好きなこの場所で、ぱぱとおーら、猫のあげはと静かにこの子を迎えたい、そう思った。

この子を授かったと知ったとき、もう一度あの陣痛が味わえる!と思った。

今度は最後になるかもしれない。

陣痛の神秘を堪能したいと思った。


でも、人生なかなか思い通りにはいかないこともある。

それもなにかのメッセージ、と受け止めて

かなしみを超えて、感謝をする。

自分の中だけに想いを巡らせば、そりゃあ、涙も出たりする。

だけど、自分の外にある想いと感謝を見つめると、少しはこころも緩やかになる。


この子は下から生まれる準備をしている。

私の体は準備ができていない。

素人がみても、「あーじゃまねえ、コレ」って位置に、でーんと居座っている筋腫ちゃん。

先生の今後の方針発表は、3月2日。

予定帝王切開か、自然分娩を試みて状況次第で緊急帝王切開。


こうやって、書いてみるとなんだかどちらでもよくなってきた。

ただただ、この子が元気に育ってくれていること、

ただただ,元気なこの子に会えればそれが全てじゃないか、って。

なにもかなしむことはない。

そう。なにも。事実と真実がちょっとちがう時は多々あるもんだ。


もういいんじゃない?いろんなこと。

って、自問自答!!!の今日この頃。



















  • このエントリーのカテゴリ : 出産
いっぱい弱音をはいた。

ずっと、まんなかでぐるぐるになってほどけずにいた感情。

こっちとあっちと、いろんな声が聞こえて来て、

いちばん大切な声は聞こえていなかった。


言っちゃいけない言葉を言った。

2階で爆睡中のおーらさんの泣き声が聞こえて来た。

パパと慌てて見に行くと、やっぱり大泣きしていた。

パパに抱きついておーらは泣いた。

いつもと違う泣き声だった。

とってもとっても悲しい声だった。

おなかの子の声を聞いているようだった。

おーらが伝えてくれている、そう感じたのはパパも同じだった。

つよくおーらを抱きしめた。


泣いている場合じゃない。
弱音を言っている場合じゃない。

わたしはおーらとこの子のおかあさん。

まぎれもなく。

もうだいじょうぶ。

そう思えて、おーらを抱えた。

おーらは、私の腕の中で静かに眠っていった。



おーらが伝えてくれた、お腹の赤ちゃんの声。

ありがとう。

ふたりのつながりにこころ救われたママ。




ありがとう。

きょうだいって、すごい。

ふたりはどんなお話をしてわたしたちのところにやってきてくれたのかなあ?










  • このエントリーのカテゴリ : 育児
 

プロフィール

shanti_labo

Author:shanti_labo
お山の田舎でのんびりほっこりらいふを満喫中☆

*家族構成*
•シュタイナー幼稚園に通う3歳のどたばた娘と、1歳のマイペース女の子
•音好き自然大好きにーやくん
•猫のあげは

ライフテーマは、
『つくる』と、『音』。

おうちの畑で自然農法?!
というより、手抜き農法。。。
を思考錯誤中☆


2006年 詩集「火星の日」を出版。

 
 
 
 
 
 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。