06 月<< 2017年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のほっこり

すいか芽5



とうとうスイカの芽がでました!!!

(スイカとナスは25度以上じゃないと芽がでない、ということだったのでやむを得ず、ポットに蒔いたのですが。)


かわいいーーーーっっっ☆☆☆

あーんなちっちゃな種からこーーんなおっきな芽が出るなんて。
しかも、これがあーーんなおっきなスイカまで育つなんて。
不思議。

畑に蒔いた野菜の芽もなんとなく発芽している感じ☆

これからが楽しみです!!!
元気に育ちますように。。。


我が家の畑は草がけっこうボーボーです。
あえて抜いていません。
でも、昨日畑で作業をしていたら、隣の畑のおばさんがいろいろ教えてくれました。
「これじゃーあかんよお。一回草をきれいに抜いて、耕して、肥料をあげて・・・・・・・。」
うーーん、確かに去年の冬に頂いたおばさんとこのブロッコリー。同じ苗なのに出来が全く違う。
うちは、ちゃんと実がなる前に花になりかけ。おばさんところはしっかり濃い葉になって実が出来てる。
うーーん。少し弱気になる私。「そうですよねーー」と相づちを返す。
いやーーー我が家も考えに基づいてやってるんですうーーーとは言えません。。。


この会話をきいていた主人。あとから、私に言ったこと。

草には草のその生命をかけた役目がある。
ただ、生えているわけじゃない。
この土地に命を育む理由がある。
それをひっこぬくことは、人の手で、自然の命のサイクルを断ってしまう、ということ。
だから、肥料をあげなきゃいけなくなる。悪循環の極みだよ。
野菜の生命は自然のサイクルのひとつ。
すぐに答えや結果を求めないこと。
気長に、この畑が本来の豊かな土地の姿を取り戻す事を待つんだよ。
おばさんには、「忙しくてなかなか手がかけられんのです。」って、ことにしよう。
そいで、そのうちおいしい野菜が出来るようになれば、「できるもんやねーーー」って
分かってもらえるよ。

だって。

うん。

対面や、比較を気にして私は弱気になってしまいました。
自分たちが信じる道を、簡単に放棄しちゃうところでした。

畑を通して、大事なこと勉強した気がしました。







スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

shanti_labo

Author:shanti_labo
お山の田舎でのんびりほっこりらいふを満喫中☆

*家族構成*
•シュタイナー幼稚園に通う3歳のどたばた娘と、1歳のマイペース女の子
•音好き自然大好きにーやくん
•猫のあげは

ライフテーマは、
『つくる』と、『音』。

おうちの畑で自然農法?!
というより、手抜き農法。。。
を思考錯誤中☆


2006年 詩集「火星の日」を出版。

 
 
 
 
 
 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。